新着記事

30日目 山登りダイエットやってみた

何故山に登るの? 「そこに山があるからさ!」 否! 山にはねー。美味しいものがあ ...

29日目 もとヒキコモリがアウトドア派になったよ

ダイエットの為に運動をする。 嫌だよねー!楽しくなーい! 楽しくないとストレスに ...

ブログ村のメリットとデメリット

あるところにブログ村という村がありました。 ブログをしている人は知っていると思う ...

28日目 嫌いな運動を好きになる方法を考えてみた

運動が嫌い。楽しくならない。 克服する為には物凄い努力を要する。 ダイエットして ...

27日目 焼き鳥屋さんで夫婦ダイエットの作戦会議

ダイエット中でも安心な外食 焼き鳥屋さん。 食べるものに気をつければ楽しく美味し ...

痩せるホルモン?ホメオスタシス?停滞期?食べても太らない人になる第3話

食べても太らない人になる!をやってみた, ダイエット大作戦

お仕事、遊びに全力で取り組みつつ
嫁ちゃんのダイエットサポートもするとぉ!

ブログを書く余力が残らない事がわかった。

現在の優先順位ランキング

1位 嫁ちゃんダイエットサポート
太らないご飯作り、一緒にお外で遊ぶ、メンタルケア。

2位 遊び
4月は食べられる草がもじゃもじゃと生えてくる。
寒くもない、暑くもない。
お外遊びが楽しい季節。
お空の下で楽しく遊ぶよ。

3位 お仕事
お仕事が有るだけでもありがたいんだけどねー。
実はねーぼくねー。
働くのがあんまり好きじゃないんだ。

4位 ブログ
ブログを書くのは楽しい。みんなもやってみたら良い。
書きたい事は頭の中に沢山ある。
頭の中のグチャグチャを文章に書き出してみると自分では気づいてなかった事が発見できたりする。
何を言ってるかわかんないと思うけど、

とりま(とりあえず、まあの略語らしいよ)
自分の頭の中を整理するのにも役に立つねって感じ?

どうしてもブログの優先順位が下の方になっちゃう。
なんだけどブログを書く事で色々なやる気がみなぎる。

 

優しい皆んな達の応援で頑張れてる気がします。
いつも本当にありがとうございます。
٩(ˊᗜˋ*)وありがとー!!

 

ダイエットを始めた当初は如何に頑張らずに楽して痩せてやろうとかね。
そんな感じで色々と勉強して実践していました。

結果標準体重以下まで痩せたんだけど。ガリガリ君になってるよ!!

糖質制限1ヶ月やってみた

糖質制限で米を食う一ヶ月

断食やってみた

嫁痩せサポート

めんどくさがりで飽きっぽい。
根気も無い。根性も無い。髪のk・・
まだあるよ!
けむたろうです。
ありがとうございます。おはようございます。

人間の体ってとってもよく出来ている。

熱が出た!
下げないと死んじゃう!

体重が減った!
痩せすぎて死んじゃう!

体脂肪が減った!
脂肪を蓄えないと!

体の状態を常に一定に保とうとするシステムがあるんです。

その名もホメオスタシス

神経系ホルモンをアレやコレして体のバランスを保っちゃう働き。

 

スポンサーリンク

ホメオスタシスってなぁに?

  • 舌を噛みそうな名前だけど人体に備わっているすごい機能。
  • 体の恒常性(こうじょうせい)を保つ仕組み。
  • 体の急激な変化を防ぐ凄いシステム。

体に何らかの変化があった時にすぐに戻そう戻そうって頑張る仕組み。
食事制限ダイエットを続けていると停滞期に入っちゃう。
これもホメオスタシスが働いている。

食事制限をする。
体重が減る。

ホメオスタシス
「体重が減りすぎた!何とかしないと!死んじゃう!」

ホメオスタシスの働き

これ以上体重が落ちないように頑張っちゃう
自律神経系ホルモンを調整して少ない食事でも痩せないように

全身の代謝を落としちゃう。

少ないカロリーでもより効率よく吸収出来るように体の仕組みを変えちゃう。

こちとら痩せようとしてんだよ?
そんなの働かなくて良いじゃんか!
●益●ギギギ・・・

逆にねー

太りすぎたときにそれ以上体重が増えないように
全身の代謝を上げてもとの体重に戻そうとしてくれたりもするんだぜ!

ほめおすたしすバランスが大好きなんだ!

体温のバランスをとって平熱を維持したり。
血糖値のバランスを維持したり。
血圧、体の水分量とか、人間が生きていくために
常に体のバランスを保ってくれる凄いシステム

 

食べても太らない人に!俺は!なる!
これまでのお話

http://kemutarou.com/tabetemo01

http://kemutarou.com/tabetemo02

 

太らない人になる第3話は

ダイエットと痩せるホルモンのお話だよ。

(๑•̀ㅂ•́)وヤッテミヨー

 

 

ダイエットで痩せる為にホルモンを味方につけたら良いんじゃないの?

ら・むー。

まずはホルモンについてのお勉強。

ホルモンとは体の様々な働きを調整するために身体の内分泌腺で作られている化学物質。
脳下垂体、甲状腺、膵臓とか色んなところで作られています。

人体の内側、外側からなんらかの刺激を受けて身体に変化が起きた時に
体の機能を正常に戻すために分泌される。

ホルモンは血液で全身に運ばれて内臓や身体の色々な機能のバランスを保ってくれる偉い子。

食事制限ダイエットを続けていると起こる

停滞期「ホメオスタシス」

これも体の異常を感じた脳がちょっと体重減りすぎじゃね?つって

ホメオスタシス発動!
(`・ω・´)カッコイイナマエ!

ホルモンやらを調整して頑張って体重の変化を抑えようとする結果なんです。
人体ってよく出来てるよね。

体温を一定に保ったり、血圧を一定に保ったり、赤血球だの白血球のバランスを一定にしたり、
体の水分量、カルシウム、ミネラルのバランスを保ったり。

体重の変化を抑えたり!
(増えすぎたら減らす、減りすぎたら増やす)

体脂肪を一定に保つ働きをしたり!
(減らしてくれても良いのにね)

体に変化が起きた時になんとかして元に戻そうと頑張ってくれる。
主に内分泌ホルモン自律神経系を駆使して調整しています。
スゴいや!ホルモン!凄いよ!人体!

身体のあちこちでいろんな種類のホルモンが作られています。
現在、確認されているホルモンの種類100種類以上!
なんの働きをしているか解明されてないホルモンも沢山あります。
人間の体って不思議だらけ。

ほんの少しの量で身体のバランスを調整してくれる素敵なホルモン。

多すぎても、少なすぎても身体に異常が現れて病気になっちゃう。
怖いね!

 

ダイエットに関係ありそうなホルモン

体脂肪を燃やす効率をアップしたり。効率ダウンさせたり。
全身の代謝を良くしてくれたり。悪くしたり。
血糖値の上昇を抑えたり。上げたり。
男らしい、女らしい体を作ったり
良い事もある。悪いこともある。

ホルモンを極めたらダイエットなんて楽勝なんじゃないの?
そんな甘い考えをもってしまうホルモン。

ダイエットに関係ありそうなホルモンをピックアップしてみた。

 

成長ホルモン

読んで字のごとく成長を促進する
全身の細胞を活発にして成長を促すイカしたホルモン。

  • 筋肉にアミノ酸を取り込んでタンパク質の合成を促す
    筋肉が増える!やったー
  • 糖質、タンパク質、脂質の代謝を良くしてくれる
    代謝があがってカロリー消費が増えるよ!
  • エネルギー不足になったときに体脂肪を使いやすくする
    体脂肪を減らせる!

素敵ホルモン

活性化させるために必要なもの

良質な睡眠
寝る子は育つ。

高強度の運動

はい、出た!運動。もーぉー。
タバタプロトコルみたいなHIIT式(高強度インターバルトレーニング)がいいらしいよ。
加圧トレーニングなんかもよさげ。

断食すると増えるとも言われています
オートファジーを活性化!

http://kemutarou.com/danjikimatome

甲状腺刺激ホルモン

甲状腺から分泌される。全身の新陳代謝、エネルギー代謝を調整してくれるホルモン。
多すぎるとパセドウ病、少ないと橋本病とか少し怖いイメージがある。

  • 全身の代謝を維持、新陳代謝を活性化する。

  • 細胞の酸素消費を促すので脂肪燃焼効率がアップ。

  • 交感神経を刺激して常に基礎代謝が高い状態に。

こいつが多くなると代謝が上がって痩せちゃう!
少なすぎるとムクミの原因になる。

ダイエットと筋トレのお勉強をしている人は
T3とかT4とかの甲状腺のお薬を聞いたことあるかもしれない。
飲んだら痩せちゃうお薬。
基礎代謝爆上げ、脂肪も筋肉も全部落ちていくよ。
クレンブテロールとスタックすると良いらしいけど。
こわいお!!自己責任!!お勧めはしない。

http://kemutarou.com/okusuri

ズルして痩せようと思ってたときにお勉強してたからズルのお薬の知識が結構あるの。
いまんところズルしないでもダイエットできてる。

みんなに朗報!!
サプリメント!!お薬に頼らなくても痩せられるよ!!!

 

すい臓 インスリン、グルカゴン

糖質制限ととっても関係の深い臓器。
ランゲルハンス島。
インスリン、グルカゴン、

血糖血の調整をしてくれたり腸での消化に関わるホルモン。

インスリン

血液中のブドウ糖が増えると分泌されるホルモン
ホルモンの中で唯一血糖値を下げる働きをしてくれる。

  • 血液中の糖質をエネルギーとして使う様に指令を出す
  • 肝臓、筋肉に糖をグリコーゲンとして吸収する。
  • それでも余った糖質エネルギーを脂肪細胞に貯める。
  • 筋肉の合成をする。筋肉の分解を抑制する。

糖質制限ダイエット
凄く簡単に言うと糖質を減らすことで血糖血の急上昇を抑える。
インシュリンが大量に出ないようにすると脂肪にならないよ!
って感じなんだけどー。

筋肉を作るためには糖質とインシュリンが必要!

悪い子じゃないんだよ。

 

グルカゴン

血糖値が下がりすぎた時に分泌されるホルモン。
肝臓でグリコーゲンをブドウ糖に変換して(糖新生)血液に放出。
血糖値を回復させる。

血糖値は回復するんだけど余ってるわけでは無い。
そこで脂肪細胞の出番!
脂肪細胞が蓄えていた脂肪を血液に放出、
その脂肪を他の細胞がエネルギーとして消費してくれる。
※筋肉も分解してエネルギー源にしちゃう。

体脂肪を消費しやすくしてくれる

そんな素敵指令を出してくれるホルモン。

 

んだのでそこらへんを踏まえて現在の嫁ちゃんダイエットは

  1. 糖質制限2日 体脂肪を減らして痩せる為の日
    血糖値を低めにする。
    グルカゴン分泌
    体脂肪を消費しやすくする。
    インシュリン分泌が減る
    脂肪を貯めにくい。
    筋肉と肝臓のグリコーゲンを使う。すい臓もお休みできる。
  2. 3日目 筋トレをする。筋肉を育てる日
    筋トレすると血糖値が下がる。
    グルカゴン分泌。
    体脂肪、筋肉を分解しやすくなる

    トレーニング後速やかに糖質摂取。
    血糖値上昇。
    インシュリン大活躍。
    糖質を筋肉と肝臓にグリコーゲンとして運んじゃう。
    筋肉の分解を抑制して筋肉の成長を促す。

みたいな感じ。

http://kemutarou.com/10daietto1

生殖腺 男性ホルモン、女性ホルモン。

ホルモン界の有名人。
男らしい身体、女の子らしい体を作る。
男性と女性のダイエットの違いはこのホルモンの働きが大きい。
今回は簡単に説明

男性ホルモン

男らしい体を作ったり、考え方なんかにも作用するよ。

男性ホルモンの主な働き

  1. 男らしい筋肉質な体にする
  2. たんぱく質から筋肉、内臓を作る
  3. 皮脂の分泌を増やす
  4. ヒゲ、すね毛、胸毛とか体毛を濃くする
  5. 性欲をもてあます

女性ホルモン

女性らしい体を作ったり、女の子の日のリズムを司るホルモン。
エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があります。

女性の体で分泌される女性ホルモンの量は一生分でティースプーン一杯程度しかなかったりする。
とても少ない量なんだけど物凄い働きをしてくれる。

  1. 女の子らしい丸みをおびたボンキュッボンな素敵な体のラインにする
  2. 生理や妊娠などをコントロールしている
  3. お肌や髪の毛を綺麗に美しくしてくれる
  4. 骨を丈夫にしてくれる
  5. 自律神経のバランスを安定させる。
  6. 記憶力にも関係してくる
  7. 食欲の抑制なんかにも関係してくる。

男性にも女性ホルモンはあります。
女性にも男性ホルモンはあります。

比率は全然ちがうんだけどね。

女の子は女性ホルモンのバランスに気をつけて!
まじ厄介!!

男性と女性のダイエットの違い
はんぱないよ!!

http://kemutarou.com/yomechandanjyo

 

ホルモンをいじっちゃえば簡単に痩せれるんじゃないの?

甘い、危ない、怖い。

例えば、体全体の代謝をあげたい!
甲状腺ホルモンをいっぱいだせばいいじゃん!天才!

ダメだよ。バランスが大事。

ホルモンのバランスが悪くなると体調がおかしくなっちゃう。

ホルモンが少ないとどうなるの
有名なのは更年期障害とかそんな感じ
女子は大人になると女性ホルモンの分泌が減っちゃう。
ホルモンバランスが崩れると色々な症状が出てくる。怖い。

逆にホルモンが多すぎるとどうなるの
甲状腺ホルモンが必要以上に分泌されるとパセドウ病になっちゃう

全身の代謝が活発になり過ぎて食欲大爆発!
代謝がすごく良くなってるので食べても太らない、食べても食べても痩せていく。
常に代謝がマックスなので暑がりになったり、疲れやすくなったり、
手が震えたり、常に体がプルプルしちゃう。目が飛び出てくるとかもあるよ。

体中の内臓、細胞たちがフルスロットル全力疾走状態になるので
体への負担がすごいことになっちゃう。

擬似的に短期間だけこの状態に持ってくお薬なんかもあるんだけど
体壊しちゃうとか色々危ないよ。

お薬に頼らないでも痩せることができたよ。

食べても太らない人になりたいけど病気になりたいわけじゃぁない。

糖尿病もホルモンの病気

インスリンの働きが壊れちゃう怖い病気。

インスリンは血液中の糖分をエネルギーに変換してくれるホルモンです。
血糖をエネルギーとして使えるようにしてくれるので血糖値が下がる。

糖尿病になっちゃうとインスリンの分泌が出来なくなったり
分泌されたインスリンがうまく働かない状態になります。

インスリンを作る細胞が壊れちゃう1型糖尿病
肥満、食生活、運動不足などの
生活習慣でインスリンの分泌が低下しちゃう2型糖尿病があります。

食べた糖をエネルギーとして使えないので体が飢餓状態になります。
体脂肪や筋肉を分解してエネルギーにするしかなくなっちゃうので痩せていきます。

血糖値を下げる事が出来なくなるので長時間高血糖状態になる
そうすると血管がダメージを受けて色んな症状が出てくる。

なんとかしないと!
そうだ血液を薄めたら血糖をさげれるんじゃね!?

血液に水分を送り込む。
多すぎる糖を尿で排出しようとするのでおしっこが大量に出る。
結果、体内の水分がどんどん排出されるのでさらに体重が減ります。
脱水症状になっちゃう。

食べても痩せるけど
最悪死んじゃうよ。

糖尿病について学んでいくと糖質制限にも詳しくなるよね。

 

痩せるホルモンで太らない人になる。無理やりまとめてみる。

やせる為にホルモンバランスをお薬でアレやコレしちゃうこともできるんだけど。

怖いから駄目!!
(o-´ω`-o)キケンガアブナイヨ

ってなるとー。

普通の食生活(食事量)
普通の生活習慣(運動量)
普通の睡眠時間

普通の生活をするとホルモンバランスが正常になる。

そんな感じの生活を続けていれば自律神経系ホルモンの働きがとてもいい感じになる。
人体の素敵システムホメオスタシス普通の人の体重に戻そうとしてくれるんだと思います。

 

 

 

END((´∀`◆゚+。終わり♪。+゚

 

 

 

ってぇ!

うわぁぁぁ!!

何コレ!!

あったり前の結論にたどり着いた!!
(;´༎ຶД༎ຶ`)ナンタルコトダ

スゲーツマラナイ!

ダイエットの残酷な現実を突きつけられた気がする。
(((。・´ω`・。)))カナシイゲンジツ

 

結論はやっぱり運動になるんだよね。
食べても太らない健康な体に必要なものは

  • 健康的な正しい食生活。
  • 食べ過ぎない正常な食欲。
  • 質のよい睡眠
  • 適度な運動と筋トレ。

もーーーーーーーー!!!

なに!!これ!!!王道ダイエットめ!

恐ろしい子!!

運動から逃げることができない。

○○するだけで痩せちゃう!!
そんなのない!

 

どんどん追い込まれていくぜ!!

アハハハh
(´▽`) ‘`,、’`,、

 

ふぅ・・・・・・

スポンサーリンク