新着記事

初心者が筋トレ1ヶ月やってみた 体重体脂肪の変化と結果だよ

筋トレ1ヶ月やってみた結果とまとめだよ。 食事制限だけで28kg落としたらゴム人 ...

30日目 山登りダイエットやってみた

何故山に登るの? 「そこに山があるからさ!」 否! 山にはねー。美味しいものがあ ...

29日目 もとヒキコモリがアウトドア派になったよ

ダイエットの為に運動をする。 嫌だよねー!楽しくなーい! 楽しくないとストレスに ...

ブログ村のメリットとデメリット

あるところにブログ村という村がありました。 ブログをしている人は知っていると思う ...

28日目 嫌いな運動を好きになる方法を考えてみた

運動が嫌い。楽しくならない。 克服する為には物凄い努力を要する。 ダイエットして ...

食べても太らない人になりたい 第1話 筋肉と基礎代謝の関係

食べても太らない人になる!をやってみた

食いしん坊のみんなの憧れ食べても太らない人にっ!

俺はっ!
なるっ!

こういう考え方をしているうちはデブ卒業出来ないのかもしれない?

そんなの悲しいじゃん。
食いしん坊でもやせてる人いるじゃん。
ずるいじゃん。

ちょっとね、まじめに考えてみようじゃないか。

今回は筋肉と基礎代謝について考えてみる。

半年ぐらい頑張ってダイエットをしたら
26kg減量して標準体重になる事はできました。

 

やったぁ!だいえっとおわったー!
。˚٩(´͈౪`͈٩)⋆。モォガンバラナイ!

 

ダイエットして普通の人の体重になりました。

終わり!

 

つってね。
そんな感じだと徐々に太ってた頃の生活習慣に戻っていくんです。
そんでリバウンドしていくと思うの。

そんな自分の性格は知ってるんだぜ!

今現在は体重を意識しているので自分の中のデブを封じ込めています。

一生懸命努力して普通の人の生活習慣ができる様になれば
太っちょから普通の人にはなれるのかも知んない。

それを続けていけばリバウンドも防げると思う。

なんだけれども!!

 

何も気にせず好きなだけ食う!

太っていたあの頃の幸せな記憶は消えない!

人間辞めますか?
ダメ!絶対!

みたいな
なんちゃら依存症みたいな感じ。

食いしん坊は治らない気がする。
デブの性格が直らぬのなら、
食べても太らない体質になってしまえば良いじゃない!

ブログ放置してた分ちょっとだけ頑張ってみる!

食いしん坊わずらいのけむたろうです。

お久しぶりです。はじめまして。
ありがとうございます。よろしくお願いします。

やってみよー٩(๑❛ᴗ❛๑)۶ 

スポンサーリンク

食べても太らない人になる為に色々考えてみた。

食べても太らない人に俺は!なる!٩( ‘ω’ )و

第1回目は

筋肉増やしたら基礎代謝が上がって太らない人になれんじゃね?

みたいな感じのお話。

勉強して実践して、自分にあうダイエット方法を探し出すんだからね。

痩せるだけがダイエットじゃぁないんだぜ。
筋肉もろとも体重を落とすだけならコツはつかんだかもしれない。

健康的な体になる、健康的な食事、日常、ライフスタイルの改善。
そんな感じの正しいダイエットを目指さないと!

いつまでも、いつまでも、何らかの我慢を強いられる。

楽しくない!!!!

食生活の我慢が普通になっちゃえば良いと思ってたんだけど、なんか違う気がしてきた。

食いしん坊が治らない。治す気も無い!

食べる事って幸せだよね。
(´・ε・̥ˋ๑)サンダイヨッキュウダモン

 

食べても太らない人っているじゃんか

大食い選手権のフードファイターとかすごい食べるのに太ってない。

ギャル曽根とかギャル曽根とかギャル曽根。
曽根ちゃんしか知らない。
( ・ὢ・ )ゲーノージンクワシクナイ

TVに出てるような人じゃなくても
結構身近にもいると思うの。

沢山食べるのに太ってない人。

太りたいのに太れない人もいる。
本人は凄い嫌だったりするのかもしれないんだけど。

意味がわからぬ。

ボクは食べたら食べただけ太っていく。

なんでなんで?

教えて痩せてる食いしん坊!
つって聞いてみた

ヒントは多少あった気はするんだけど。

結果よくわからぬ。
(´-ω-`)ゲセヌ

ていうアレな感じにおわったよ。

食事制限して食べる物に気を付ければ太らない

食べたいだけ食べたら太る。

( ´・_ゝ・)当たり前。

 

現在のボクは好きなものを好きなだけ食べたら太っちゃう体

ダイエットを続けてきたことで太りやすく痩せにくい体から

少しだけ、太りやすく痩せやすい体になれたかもしれない
少しだけ進化できている気がする。

好きなだけ食べて短期間で多少太っても

その後ある程度の食事制限をして節制すれば体重は戻せる。

  • 血糖値が上昇しづらい物を選んで食べる
  • 栄養バランスを考えて食べる。
  • 太っても3日以内ならがんばって取り戻せる
  • 胃腸の動きを活発にする。

そんな感じの意識をしつつ生活をしていれば結構なんとかなるかもしんない。

 

好きなものを好きなだけ食べるをやってみた

食べたら太る。

節制すればすぐに体重は戻せる。

 

求めているのはコレジャナイ!

 

太ったらその分節制する。
それで体重は維持できるかもしれない。

でもコレ、ドンドン代謝が落ちて行って
リバウンド体質になっちゃいそうな気がしてる。

 

好きなものを好きなだけ食べても太らない方法が知りたい

 

好きなものを食べたいだけ食べても太らない。

夢のようですね。

そんなこっといいな♪

でっきたっらいーいなっ!!

 

無理だ!

アキラメロ!

そげなこと言わないで!

あきらめないで!

 

食べても太らない人になる為にあきらめないで色々と調べて実践してみています。

 

ダイエットを始めてから
なんだかんだで気がついたら

88kg→62kg

 

26kgの減量に成功。

 

標準体重になったよ。

節制していれば維持もできてる。

なんだけどー

 

これじゃない!

 

脇腹がプニプニしてる、おなかの皮膚が余ってる。
腹筋、おっぱいの筋肉が薄い。

かっこよくないじゃんか。

そんで
美味しいものをいっぱい食べたら太っちゃう。
食べたら太る体になっている。

そうじゃないんだ。
そういうアレになりたいわけじゃぁないんだぜ。

 

体重を落とすだけなら糖質制限なり食事制限だけでも余裕でイケル!

ボクそれで痩せたもの。間違いない。

 

1ヶ月糖質制限やってみたらね。
すげー勢いで痩せたよ。

 

だが!

しかし!

ちょっとまつんだ。

 

お腹、二の腕、お尻、ほっぺの皮膚が余ったよ!!!

これね、体脂肪、筋肉、水分が全体的に落ちた結果なんです。
体脂肪以外の色々もなくなっちゃうからすごい勢いで体重は減る

筋肉が減るとね。
すごいんだから。

筋肉とともに代謝もドンドン落ちていく。

そうすっとだね。

体重維持すらままならぬ体になっちまうんだ。

 

(。・ω・。)クルッ(。・ω)クルッ( )クルッ

 

 

 

 

(・д´・+) なぁ~にぃぃっ!

 

 

 

 

 

(`・△・´)やっちまったな!

 

 

 

 

 

むか~しむかし三船敏郎さんが言ってた。

 

食事制限だけ続けていったら
きっとリバウンドコース確定。

なので最近はとっても嫌で嫌で仕方がない
( ・᷄ꃪ・᷅)ウンドウキライ

すっげぃ憂鬱になる筋トレをダイエットに取り入れてみました。

筋肉を維持しつつ体脂肪のみを減らすんだ!

つって。

ちゃんと続けてるよ。

 

 

 

 

嫁ちゃんは!!

えらいなーすごいなー。

ぼくはねー
(๑ˇεˇ๑)•*¨*•.¸¸♪るるるー

 

基礎代謝と筋肉の量 太らない人になる為に考える。第1話

食べても太らない人になるんだキャプリコーン! 筋肉をつけるプー

 

やっと本題に入るよ!
ブログ書くのをサボってたら文章の書き方を若干忘れてる。

読みにくい!まとまりのない文章がすごい!

好きなように書いたらいいよね。
個人のおっさんのブログだもの。

すきかってにかいてみよー

٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

ダイエットに重要な代謝とはエネルギー代謝の事

エネルギー代謝には三種類ある

 

 

生活代謝 全体の消費カロリーの2割を占める

生活の中で活動するのに必要なエネルギー代謝
運動、家事、通勤、仕事。日常の活動で消費されるカロリー
生活代謝を上げるためには有酸素運動が一番いいと思う。
意識しないと生活代謝を上げるのは難しい。

食事誘発性熱産生 全体の消費カロリーの1割を占める

食べた物を消化吸収するのに使うエネルギー代謝
ダイエットの為には朝ごはんを食べたほうが良いよっていうじゃん。
寝起きに食事を摂ると、この食事誘発性熱産生によって
体温が上がって1日の代謝のスイッチが入るよみたいな。
なんだけど、食べ過ぎたら意味ないよ。どっちがいいのかは微妙なところ。

 

基礎代謝 全体の消費カロリーの7割!!!

呼吸、体温の維持、心臓を動かしたり内臓の色々とか
生命を維持するために使用するエネルギー代謝

生命活動を維持するのに必要なエネルギーの事。

なんもしないでボケーッとしてても必要なエネルギーの量。

生きてるだけでもエネルギーは必要なんだぜ。
寝っ転がってTV見てるだけでも、睡眠中でもカロリーを消費してんの。

まったく動かないでジーーーッとしてても消費されるエネルギー

生きているだけで基礎代謝は消費されるよ。

一般的に1日のトータル消費カロリーの70%を占めると言われています。

なのでこの基礎代謝を上げる事を優先させるとより多くのカロリーを消費できる体になれるかもしれない。
太らない人に近づける!

標準的な大人の基礎代謝

 

成人男性の標準的な基礎代謝量 1500キロカロリー

成人女性の標準的な基礎代謝量 1200キロカロリー

 

凄くない?なんもしないでもコレだけカロリー必要。
何も食べないでジーッとしていたら
摂取カロリー0 消費カロリー1500 1日マイナス1500キロカロリー達成!

これに
生活代謝(日常の行動で消費するカロリー)
食事性熱産性(食べた物を消化吸収するのに使うカロリー)

そんな感じのを上乗せしたのが

その人の一日の消費カロリーになる。

30代~40代の1日の消費カロリー平均

男性 2400

女性 1800

ぐらい。

1日の摂取カロリー1の消費カロリーにすれば体重は減っていく。
さらに糖質制限を取り入れると標準体重までの減量は加速していきます。

 

個人的に思う事
標準体重より落としたい場合は糖質制限の効果はあんまりわかんなくなる気がしています。

続ける事でリバウンドを防げる。
太りにくくはなるけど、標準体重以下に落とすのは糖質制限じゃなくても良いと思います。

 

今回は基礎代謝についてのお話。

基礎代謝内臓、脳、、心臓、骨格筋、の筋肉で消費されている。

男性の場合、基礎代謝1500キロカロリー 

そのうち40%
600キロカロリーは筋肉が何もしないで勝手に消費してくれる

女性は 480kcal

平均的な筋肉量の成人の場合こんな感じ。

 

つーことは!!

筋肉の量を増やすと基礎代謝があがる
食べて摂取したカロリーを筋肉が自動的に消費してくれる!

逆に筋肉量が少なければ基礎代謝は落ちちゃうかもしれない。

基礎代謝が落ちるとー

食べたら食べただけ太っていく体になる

危ないみんな!逃げて!

 

太らない体になるためには筋肉が必要かもしれない

内臓、脳、、心臓、骨格筋、の筋肉

このなかで自らの意思で動かすことが出来る、
努力でなんとか増やすことが出来るのは骨格筋のみ。

なので、いやだけど筋トレ頑張る!
ほんと、いやだけど。

太らないからだになる為には筋肉が必要。

理想としては

  1. 無酸素運動(筋トレ)して筋肉を増やす。
  2. 腹式呼吸で横隔膜を鍛えてみる。
  3. 有酸素運動で心肺機能を上げる。

そんな感じで頑張ると代謝がアップする。
体力もアップするのでアクティブに動ける食べても太らない健康的な人になれるかもしれない。

ほんとにいやだけど。
やるよー

やってやんよ

筋肉万歳!筋トレたのしー!筋肉は正義!
ヾ(。﹏。)ノ゙ キントレサイコー

みたいなそんな感じの呪文を唱えながらイヤイヤ筋トレしてます。

 

筋肉が増えると食べても太らない体に近づける?

 

体の筋肉量が増える=基礎代謝量が増える

  • 食べても太らない食事の量を増やせるかもしれない。
  • さらに筋肉が増えると活動代謝もUPするかもしれない。
  • 食べても太らない人になれるかもしれない。

良いことだらけじゃん。

 

スゴイヤ筋肉!マッスル!バンザーイ!筋肉バンザーイ!
ヾ(*’∀`*)ノヤッター

 

 

 

・・・・

 

 

 

・・・

 

 

 

かもしれない・・・

 

危ない!逃げて!
だまされる!!!

 

 

一説によると筋肉量が1~2kg増えても一日の消費カロリーは
ほとんど変わらないという研究結果もチラホラあったりする。

 

でも、

 

だが!

 

しかし!

 

諦めるな!
やらないよりはだいぶんマシ!

 

筋トレをする事によって成長ホルモンが分泌されて
体が脂肪を燃焼しやすい状態になるのは本当。

 

筋トレを続けていれば脂肪燃焼しやすいモードになれる。

そんで筋肉が付くと

だらしない体からカッコ良く締まった体型になれる。

 

脂肪燃焼しやすいかっこいい身体!

 

マッチョメンな人達が言ってた

 

(⌯¤̴̶̷̀ω¤̴̶̷́)✧「筋肉は俺を裏切らない。」

 

きっと、多分、本当なんだと思う。

 

問題は筋トレ楽しく無い!

これねー、どーしたら良いんだろう。

解決策が見つからない。

筋トレして筋肉に刺激を与える。
そんで栄養!筋肉の材料を摂取すれば筋肉は増えていく。

筋肉痛になるぐらい筋トレをすれば傷ついた筋肉を修復する間
72時間近く代謝を底上げしてくれる。

理解している。頭ではわかってはいる。

 

 

いやぁぁぁ!!!!筋トレいやあああぁぁ!!

でもやるぅぅ!

いやだけどぉ!やってみるううぅ!!

 

 

 

スポンサーリンク